とよみつ姫とは?

とよみつ姫とは?

福岡県産イチジク「とよみつひめ」を使った新たな菓子作りです

現在、福岡県菓子工業組合ではJA全農福岡県本部(JAふくれん)との間で
県産オリジナルブランドイチジク「とよみつひめ」を使った新しい菓子作りを進めています。

誕生秘話
取り組むことになったきっかけは、福岡県食品産業協議会事務局長の鍛冶茂樹さんとの雑談からでした。
今世には美味しいスウィーツがたくさんあり、各店とも独自商品を開発・価格・品質・オリジナリティなど、互いに切磋琢磨し消費者に受け入れられる菓子作りに頑張っている。
ならば、「組合として横のつながりを持ち同じ目標に向かって取り組む仕組み作りが必要なことではないか?」と。
そこで、「福岡県産農産物を素材に使い、将来福岡を代表するお菓子を組合でつくりたい」と夢を語ったことからこの事業が始まりました。
特徴
「とよみつひめ」は、海外から入ってきた「桝井ドーフィン」と国内在来種の「蓬莱柿」の欠点を克服するために育成したイチジクで、果形は卵形で果皮は赤紫色、果肉はち密で紅色、糖度は平均一八・八度と高糖度、とてもジューシーで市場で高い評価を得ています。

とよみつ姫を使ったお菓子の紹介

とよみつ姫を使ってSWEETSを作ってみたい店舗大募集! 詳しくはメールフォームよりお問合せを